相続相談って?

2017-05-25 未分類

人が亡くなった時、残された遺族に残されるのが遺産です。遺産の配分などでもめないように、誰がどれだけもらえるのかはある程度法律で決められています。特定の人に相続させたかったり、遺産が多い場合には遺言書を書くこともありますが、ほとんどの人はそのような経験をしたことはないでしょう。

相続のために遺言書を買いたり、弁護士や税理士に相談する必要があるのはお金持ちだけと世間では思われています。確かにその通りではあるのですが、遺産が一定額を超える場合は相続する遺族は相続税を払う必要があるので、全く関係ないということもありません。

相続相談は弁護士や税理士などが相続についての質問に答えてくれたり、アドバイスをしてくれるサービスです。相続や法律に関するプロなので、大切なことや知らなかったことを教えてもらうことができます。時間があれば自分で調べることも可能ですが、人が亡くなった時遺族がやらなければいけないことは多く、精神的にも追い詰められているととても相続まで手が回らないということもあります。特にマイナスの遺産があって相続放棄したい場合、3ヶ月以内に手続きをしなければいけません。

相続相談は相続が発生した後はもちろん、生前贈与や今後発生する相続についての相談、不動産の名義変更などの手続きと様々なケースに対応してくれます。節税対策や現金以外の資産の扱いなど、素人には難しい相続について相談に乗ってもらえるので、有料でも頼みたいという人はたくさんいます。

Pocket